2009年05月21日

海外で使うお金について

海外で使うお金について
現金
現地に到着してすぐに使う分は、日本の空港や銀行であらかじめ用意しておくのがベスト。現地空港の両替所で入手する方法もありますが、混雑したり、夜間到着の場合だと閉まっていることもあるので注意が必要です。盗難・紛失時の保障がきかないので、高額の現金を持ち歩くことはおすすめしません。チップのことを考えて、金額の小さい紙幣も用意したほうがよいでしょう。

クレジットカード
クレジットカードは、ホテルのチェックインやレンタカーを借りる際の身分証明書代わりにもなり、海外旅行保険や割引特典がついているものもあるので、とても便利です。盗難、紛失時の再発行もできるので、自分が持っていくカードの緊急連絡先は忘れずにメモして出かけましょう。ただし、カードのトラブルは後を絶たないので、金額はしっかり確認し、怪しげな店では使わないよう、ご注意ください。

国際キャッシュカード
日本円で預金したお金を現地のATM(現金自動支払機)にて現地通貨で引き出せるのが国際キャッシュカード。提携ATMがある国をよく旅行する人には大変便利です。ただし、1日の引出上限額が設定されているカードもあるので、使い方は計画的に。海外でのみ利用可能なタイプと、日本でも通常のキャッシュカードとして利用することができるタイプとがあります。

トラベラーズチェック(T/C)
トラベラーズチェックとは旅行小切手のこと。サイン欄が2つあり、片方には購入時にあらかじめサインしておき、使用する際にもう片方にサインします。この2つのサインが揃って初めて通用する“お金”となるので、紛失しても再発行が可能。海外のホテルやレストラン、ショップなどで、現金と同じ感覚で使用することができますが、お店によっては断られてしまうケースも。現地の銀行でその国の通貨と両替することもできます。
タグ:海外
posted by 大連案内人-jabari at 17:17| 大連 | Comment(0) | ◆大連交通、買い物、携帯電話、不動産、病院など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。